スマトラのQSで西慶司郎が優勝! | サーフィンニュース BCM

TOPNEWS > コンテスト
NEWS / BCMサーフィンニュース

コンテスト

スマトラのQSで西慶司郎が優勝!


PHOTO:© WSL/Bennett

4月15日〜20日にインドネシアのスマトラ「Tanjung Setia Beach」で開催されたQS1,000『Krui Pro 2017』で西慶司郎が優勝!
ウィメンズでは川合美乃里、都築亜夢路がSF進出の3位に入りました。

「最高の気分だね。この1週間、私達は素晴らしい波に恵まれた。その中でもファイナルはサイズがあり、本当に良い波でラッキーだったね。ファイナルは接戦だったので、優勝するためにビッグターンが出来るオープンフェイスの波を探していたよ。優勝だなんて信じられない。この場所が大好きになった。来年も戻ってくるよ」

ジュニア時代から活躍していた西3兄弟の次男である西慶司郎はグーフィーフッター。
世界レベルのブレイクがある四国で鍛えられたサーフィンがスマトラのレフトのポイントブレイクで爆発。
フロントサイドのパワフルなカービングを披露してファイナルでは9.00をスコア。
今年からジュニアとQSを積極的にフォローして経験を積んでいるモーセ・ル・グライス(AUS)を抑えてQS初優勝を決めました。

今年からQSのリージョナル区分に変更があり、昨年までオセアニアに含まれたいたアジアが独立。
WSLアジアとして日本、中国、台湾、インドネシア、フィリピン、スリランカ、モルジブ、インドの選手でリージョナルのランキングが争われることになります。
そのオープニングイベントでWSLアジアの中心となる日本の西慶司郎が強豪国かつローカルのインドネシアの選手に勝ったことは大きな意味があると思います。

WSLアジアの次のイベントは4月23日〜27日にバリ島のクラマスで開催される1,000『Komune Bali Pro』です。


PHOTO:© WSL/Hain


PHOTO:© WSL/Hain

『Krui Pro 2017』結果
1位 西慶司郎(JPN)
2位 モーセ・ル・グライス(AUS)
3位 ニョマン・アルタナ(IDN)、ジーン・ダ・シルヴァ(BRA)

ウィメンズ
1位 ルーシー・カリスター(AUS)
2位 エリー・フランシス(AUS)
3位 川合美乃里(JPN)、都築亜夢路(JPN)

WSL公式サイト

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

関連キーワードで他のニュースを探す

WSL スマトラ Krui Pro 2017 西慶司郎